スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新hp に 衣替え

ホームページ「たんじゅん農の広場」が、生まれ変わって、
     ホームページ「たんじゅん農を楽しむ広場」に転居しました。
 http://tanjun0.net/

 まだまだ、工事中のhpですが、hpも、生き物の一種、命を吸引して、傷を治しながら、成長し、進化していくことでしょう。

 すべて、<仮説>として、お付き合いくださいませ。   
    2016.5.5

 なお、この新しいhpは、田中館 万奈さん〔奈良〕2、水谷 正寿〔掛川〕4、山本 康雄〔掛川〕6、井中 門〔掛川〕5
のエネルギーで、ワイワイといいながら、できました
 ありがとうございます。 







ホームページ「たんじゅん農の広場
            ・・・「炭素循環農法」実践図書
  
 はじめに                                  09年7月1日 
生き物として育ててください

 「炭素循環農法」は人間の側からの農法ではなく、自然の側からの農法です。
 その名も、[自然農法]あるいは、[天然農法]がいいのでしょうが、今のところ混乱を避けるため、そうなっています。

 自然の側からの農法、「炭素循環農法」は、人間の論理ではなく、自然の原理に100%沿っています。それは理学です。

 理学は、単純、明快、矛盾なし、です。「炭素循環農法」は、理学としての、自然農法の提案でもあります。だから、実践で確かめ、検証していくことで、確立していくことでしょう。 

 「炭素循環農法」について、その講座が、ホームページhttp://page.freett.com/tenuki/にあります。詳しく、幅広く、いろいろな角度から出来ているホームページです。

 実践の前に、中に、後に、繰り返し、読み込んでいくことで、自然の原理がわかり、自由自在な、その場、その時に合った実践と検証が可能になるでしょう。

 その実践・検証の動きが全国的にでています。その流れの手助けとして、「炭素循環農法」の実践図書館というホームページをつくることにしました。

 このホームページは、「炭素循環農法」の実践・検証に的を絞り、全国の「生の情報」を、いくつかの<書棚>に分類しておさめ、誰でも、希望するときに読めるようにするのが、目的です。

 と同時に、それぞれの実践者が、自主的に、情報を持ち込み、みんなで作っていく、生きた図書館でもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「たんじゅん農」とは、「炭素循環農法」の略称、愛称で、「炭循」「単純」から来たものです。

 はじめは、「たんじゅん農法」と言っていましたが、農業の方法と誤解されやすいので、「たんじゅん農」とします。
 たんじゅん農は、方法ではなく、自然の法則、宇宙の命を活かす仕組み・働きを明らかにし、それで世界の人々の食をまかなえるとの仮説実験・実証のための農です。

 「たんじゅん農」には、も、指導者もありません。あるとすれば、<自然>という壮大な広場が会であり、生きてあるすべてのものが会員です。指導者は、人間ではなく、自然そのものです。

 このホームページは、その情報交換のための場です。自然の側から、自動的に運営されています。だから、生き物です。周りの微生物群(失礼(^-^))によって、栽培され、いかようにも変化していくことでしょう。

 微生物群による、微生物群のための、ホームページです。  自然の側からの、未来側からのホームページです。新しい方が主人です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このホームページは、不十分なもので、まだ、データーの羅列、色気もありません(^-^)。 
 また、[mixi]からたくさん情報をいただきましたが、今のところ、写真を取り込むことができません。あしからず。

 それでも、ナントカ、お役に立てばと、作ります。

 皆さんに育てられて、進化していくでしょう。

 このホームページは生きモノです。

* 情報は、仮説として、お使いください。

    *   *   *

 ご意見、情報は、下記へお送りくださいませ。

  たんじゅん tanjun5s@gmail.com


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実践交流の集いをしませんか
 実践に関心のある方が、寄って、畑などを参観し、最新の情報を交換し合ったり、日ごろの疑問を出し合い、さらには、どんな方がやっているのかなと、人と人の交流を目的に、「実践交流の集い」です。
 連絡先  たんじゅん
   メール tanjun5s@gmail.com 
   ファックス 0537-28-1955 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このhpを作る背景 (次をクリック)

続きを読む

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。