スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチゴの炭素資材とクラウン 追加

tanjun-nippon のメールから、転載させてもらいます。 4月2日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
横山さんへ

いちご、おいしそうですね。
私も是非来年は挑戦してみたいと思っています。
そこで質問なのですが、
炭素資材の入れ方なのですが、
土寄せのように株の回りにかぶせると
クラウン(芽のところ)が隠れてしまわないか、と心配なのですが、
コツなどありますか?
3年も植えっぱなしだと
どうやって入れるのだろうと疑問になりまして。
クラウンは埋もれないように植えるのが、
苺の植え方だと聞いているので、
どうされているのか
よろしかったら教えていただけますか?

広島 岡崎尚子


2013/03/31 10:22 "横山慎一" :


 岡崎さんへ


質問ありがとうございます。

炭素資材の投入(エサやり)の方法について、
通路に資材を入れて、
管理機で土とまぜながら畝に跳ね上げてエサやりをするつもりです。

また、クラウンに土などをかぶせないようにするのが、
イチゴ農家さんの常識です。
「クラウンに土が触れていると、そこから病気(タンソ病)が入る」
と言われるのですが、本当にそうなのかは疑問です。

今年は僕のところでは1株も病気になっていないので、
もしかして、たんじゅん農法では、いらない気遣いなのかもしれません。

実はうちでは、来年は、
「クラウンを温めるために」、
あえてクラウンに資材を寄せるつもりです。
(冬越しの大根やニンジンからヒントを得ました。)
クラウンに土が触れるのが大丈夫かどうか、
きっとイチゴに教えてもらえると思います。


横山 慎一

続きを読む

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。