スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本と実践

「炭素循環農法」については、インターネットのホームページ「炭素循環農法」に、くわしく、いろいろな角度から、解説がされています。

「炭素循環農法」は、科学です。
科学は、単純、明快、矛盾なしの原則があります。その原則にそむくものは、科学ではありません。

「炭素循環農法」を実践することは、それを科学として、検証することでもあります。

「炭素循環農法」を勝手に理解し、自己流に変形してされるのは、その方の自由ですが、それでは、検証にはならないし、それは、「炭素循環農法」とは異なものです。

もし、「炭素循環農法」を実践されとようする方は、それを繰り返し、読まれて、この農法の基本原理と実践法を十分理解したうえで、実践し、また、実践しながら、さらに、その講座を読むことで、一層その実践が深まることでしょう。

「炭素循環農法」のホームページは、次をクリックしてください。
http://page.freett.com/tenuki/etc/home.html
スポンサーサイト

[mixi]で実践情報

 ネットに[mixi]という、入会すれば、誰でも参加できる情報交換の場があります。

 それに、稲垣正貴さん(愛知県)が「炭素循環農法」というサイトをつくり、各地の実践者が、情報を交換し合っています。

 その日、その時の、畑の様子、疑問点を書き込み、すぐにそれを見た方が、答えてくるという点で、遠く離れていても、まるで、会って話をしているようです。

 そのなかには、実践している当事者同士ではなくても、貴重な情報、保存しておきたい情報があります。

 実は、このホームページの情報のかなりのものは、[mixi]の「炭素循環農法」からいただいたものを編集しています。ありがとうございます。

 [mixi]に入会しておけば、日々、新しい情報が入るたびに、案内が届くので、その情報を気が向けば、覗くことができます。

 入会は無料ですが、入会している友人からの紹介がいることと、携帯電話のアドレスが必要です。

 それに参加したい、あるいは、そのサイトを覗いてみたい方は、下記に連絡をしてみてください。

まさき農園(稲垣正貴)frg.frm@gmail.com

原理

自然の原理と自然農法
________________________________________
② 「炭素循環農法」は科学か       石垣  
① たんじゅん農法の非常識な常識を読んで     おおつき けいじ    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②   「炭素循環農法」は科学か      石垣          09.7  
 実践者交流wikiにメンバー登録している石垣ともうします。HP立ち上げご苦労様です。
 早速ですが、HPを拝見して少し気になることがありましたので、意見を述べさせていただきました。
『「炭素循環農法」は、科学です。
科学は、単純、明快、矛盾なしの原則があります。その原則にそむくものは、科学ではありません。

「炭素循環農法」を実践することは、それを科学として、検証することでもあります。』
という意見が主張されていますが、結論から申し上げて、私はこの立場には、与することができません。

続きを読む

自然の仕組み


矛盾なしと自然の仕組み
「たんじゅん農法」の非常識な常識 を読んで       おおつき けいじ (宮城県角田市)
                                  09年5月25日
『「たんじゅん農法」の非常識な常識 9*3』(<総合解説>の参考資料の棚に収納)の Ⅲ農と食と人間 2)野菜と果樹とハーブの項に、
野菜は大量の微生物の養分で育つ。 とありますが、
単純・明快・矛盾なし!なので、
自然の仕組みは、
進化の上位のものは;下位のものを食べて;生きるようになっている。
とあるとおり、
菌類や微生物は下位のものを食べます(矛盾は生じていません)。
ならば進化の上位にあるいは
下位のもの(菌類や微生物)を食べていなくてはなりません。

続きを読む

始めての方に伝える

炭素循環農法を友人に説明する           富田
                          [mixi]「炭素循環農法」より転載・編集
09年6月8日
 野菜をそだてている友人や、そうでない友人にも、炭素循環農法を説明する機会がときどきあります。
「炭素循環農法」のHPを見て・・・といっても、読んでくれるひとはほとんどいないので、自分なりの解釈を説明しているのですが、どこまで合っているのかよくわからないので、友人にメールで送ったもの等、手直ししてこちらに投稿してみます。いろいろ、指摘やコメントをいただけるとありがたいです。
 また、みなさんがどういう説明をされているかも、教えてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 炭素循環農法は自然農法です。自然農との違いは、 資材を土にまぜこむために土を耕すこと、そのために機械を使うことです。(もちろん小面積なら、使わなくてもいいのですが)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 HPを読んだかぎりでは、それ以外に大きな違いはないように思えます。
 それと、mixiの炭素循環農法のコミュニティで、「耕すことにはすごく抵抗がある」と書いたら炭素循環農法で農業をされているかたから、以下のお返事をいただきました。
~~~
 炭素循環農法では耕すという行為を行いますが、これは一般的な土を直接的に軟らかくするという目的ではなく、緑肥や剪定チップなどの炭素源を土と混ぜ合わせることで利用効率を上げるための手段としてのもので、ごく浅くで十分です。
 感覚としては「土と炭素源の和え物」をするといった雰囲気でしょうか。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。