スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい土と微生物多様性・活性度の研究

7000か所の土壌の中で、7位以内の最高の微生物多様性と活性値をもつ土壌がたんじゅん農法で

  *   *   *

美味しく、元気な作物が育つ土、そこには、優れた土壌微生物が住んでいるからだと、
専門家は、よってたかって、そのスーパースターを求めて、この十数年、探してきた。

そして、その結果、豊かな土壌、おいしい作物が育つ土壌は、現実にある。
だがしかし、そういった土壌に、スーパースターは、ついにみつからなかった。

そのかわり、土壌の豊かさと微生物の間には、ある法則がみつかった。

「土壌の豊かさと、微生物の多様性、それに、その活性度は、比例する」

美味しい作物が育ち続け、病気や虫の発生しない土壌を、豊かな土壌とすると、
そこには、多種多様な微生物が住み、
しかも、それらの微生物の活動が活発である。
多様な微生物は、それぞれ別々の食べものを食べる。活動が活発なほど、それを食する速度が速い。

逆に、作物が育ちにくく、病気や虫が発生する土壌は、
微生物層が偏っているか、ほとんど存在せず、
また、微生物の働きが不活発である。
それぞれの食物を食べる速度が遅い。分解が遅い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういう研究結果をもとに、科学的に、上の法則を、数値化して、
豊かな土の新指標 「土壌微生物多様性・活性値」を提案している研究所がある。
DGC総合研究所。 http://www.dgc.co.jp/biodiversity.htm

十数年の研究で、7000か所の土壌について、その指標を測定してきた。
95種類の微生物群が、それぞれの土壌に、どう分布しているか。それらが、それぞれの食べもの(有機物)をどのくらいの速度で分解しているか。それを一枚のプレートの色変化として、時間の経過とともに、測定し、それを総合的に数値化して、「多様性・活性値」という指標を出している。

たとえば、次のような、代表的なパターンが、プレートで見られる。いずれも、48時間後の発色状態。

3種の典型的な指標のパターンがある。 (クリックすると、3枚の写真、A,B,C、そのあとの資料は、DGC研究所の参考資料 )

Aは、ほとんどの微生物はいなくて、偏った種類の微生物がすむ土壌。化学肥料や農薬に頼った畑でみられる。
  病気が発生している。多様性・活性値 24万 偏差値 34
Bは、平均的な土壌。95種類の微生物のうち、半分程度がすむ土壌。
  多様性・活性値 80万 偏差値 50

Cは、非常に土壌微生物多様性の高い土壌 活性値 200万、偏差値 83.6 (0.13%以内)
95種類の微生物のうち、80%以上の微生物群が存在し、しかも、24時間後、その多くの微生物が活発に食べものを食べ、それが色の大きな変化として、現れている。

これは、一年前から、たんじゅん農法をはじめている、岐阜・加茂白川の服部晃さんのハウスの土壌試験結果。

服部さんは、無化学(有機)肥料で18年、無肥料は6年前から実践。たんじゅん農法は1年前から、廃菌床を主な炭素源としている。有機肥料の投入時は、病虫害の発生で悩まされた経験から、無肥料栽培に切り替えたが、収量があがらず、1年前から、炭素資材を投入する無肥料栽培、たんじゅん農法にしたところ、アブラムシなどの虫害は激減しているという。

ちなみに、白川町の熱心な有機農家の土壌も、DGC研究所の試験をしたところ、それぞれ、多様性・活性値が、100万(偏差値57)、110万(58)、140万(68)となっている。
7000か所の土壌は、有機農業や、減農薬・減化学肥料農業など、土づくりを積極的に取り入れた生産者の土壌を多く含んでいることから、服部さんの土壌は、限りなく、希有に土壌中の微生物が多様で活発であると、DGC研究所は評価している。

たんじゅん農法では、発酵土壌が、美味しく、健康な作物が育つ要件としている。また、発酵とは、微生物層が多種多様であること。腐敗とは、微生物層が貧弱で、偏っている。
としているが、まさに、そのことを、科学的に証明されたことになる。

これからさらに、たんじゅん農法の各地での実践者の土壌が試験されていけば、それが希有な成果ではなく、誰でも実践可能な、しかも、自然の原理に基づいた、持続可能な農法であることが、示されていくのではなかろうか。

この試験については、くわしくは、DGC研究所のhpを見られたい。

続きを読む

スポンサーサイト

ミミズと土

ミミズがいる土は腐敗している

【質問】 ミミズは腐敗していない土にも棲んでいるのでは?

 1.腐敗程度の好みには差があります。

 2.森林内でミミズを探してみて下さい。

 3.炭素循環農法を実践してみて下さい。

 4.後はミミズに聞いて下さい。

【質問】 微生物も、腐敗環境を好むものと、発酵した環境を好むものと、いるように、ミミズも、両方の種類がいるのでは?

 考えられません。

 ミミズの場合は「科」の範囲内での違いしかありません。

 微生物の場合は、ほぼ全ての生物がその範囲(五界)に入ります。

 発酵は主に菌類(菌界)。

 腐敗は主に細菌類(細菌界)。

 これは、動物(界)と植物(界)の違いほどの違いがあります。

 「界」には、二界説(植物、動物)~五界説(植物、動物、菌=菌類、原生動物=ラン藻を除く藻類・単細胞の動物・粘菌、モネラ=細菌類・ラン藻)などがあります。









エンドファイト NHK番組の内容(文)

2010年11月 1日(月)放送
クローズアップ 現代 2010.11.1 放送
微生物とつながる農業(NO.2958)

(番組宣伝用オンデマンドのコピーです)
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=2958

 
COP10で取り上げられた「生物多様性」。農業にも、生き物の複雑なつながりを生かす取り組みが始まっている。中でも、植物の体内に入り込む微生物「エンドファイト」は、植物の成長を早めたり、病気や虫から植物を守る効果があることがわかり、肥料や農薬に代わるものとして期待されている。研究者や企業も、より効果的なエンドファイトを求め、探索に乗り出した。ニュージーランドでは、国を挙げてエンドファイトの普及に乗り出している。主要な牧草の8割にエンドファイトが使われ、害虫の被害を大幅に軽減、牛乳の生産量が3割増加するなど大きな効果をあげている。日本でも、北海道で稲にエンドファイトを導入する試みが始まり、病気の被害が農薬を使わずに軽減するなど、減農薬の切り札として期待が高まる。続々と見つかる不思議な微生物「エンドファイト」を使った、次世代農業の可能性に迫る。

百町 満朗さん(岐阜大学応用生物科学部教授)
【スタジオ1】
●エンドファイトと植物の関係を改めて確認
>>一般に微生物というと、分解菌としてよく知られていて、土作りなど、間接的な効果を示すわけです。VTRで示されたように、ある微生物は、植物の中に直接入り込んで、植物の生育を促進したり、また病気を抑えるというようなものが見つかってきているわけですね。エンドファイトは地球上のほとんどすべての植物にいると考えたほうがいいぐらいなものだと思います。よく「よい森」ということをいいますけれども、一般の方は、景色が美しい森などを、よい森と表現しますけれども、微生物、特に土壌微生物の研究者にとっては、よい森というときに、私たちの目に見えない土の中で広がっている微生物と植物のネットワークに思いをはせるわけです。VTRで、りんご園の話が出てきましたけれども、あそこでは雑草がいろいろ生えてました。その雑草と雑草をエンドファイトの菌糸が結びつけていますし、雑草とりんごの木をエンドファイトが結びつけているわけですね。ある意味、農業という人間の営みの中に、自然の仕組みを利用したことが、成功につながったと考えられます。これは共生関係ということなんですけれども、植物も利益があるし、微生物のほうも利益があるというそういう関係があるわけですね。

●エンドファイトは、いいことばかりのような気がするが?
>>微生物というのは、研究者によれば、90%がまだわかっていない。ほかの研究者は、まだ1%もわかってないというふうにいわれている世界なんですね。 ましてや、エンドファイトというものは、つい最近になってわかり始めた微生物なので 何もわかってないと言ったほうがいいのかもしれません。エンドファイトがつくことによって、植物の生育が促進された例もありましたけれども 逆に、エンドファイトがつくことによって生育が悪くなる場合もあるわけですね。植物の生育を促進することがいいことなのかあるいは生育を悪くする方が悪いことなのか、よくわかっていないというのが現実かと思います。

●生物の多様性と農業、エンドファイトとの関係は?
>>近年は環境に配慮した「環境保全型農業」が重要視されているわけですね。環境保全型農業においては、化学農薬は極力避けて、有害な生物を、生物で防除する、生物防除というのが重要な働きを示すことになってきます。そういう中にあって、エンドファイトというのは着目されているわけですけれども農業生態系において、微生物と植物との共生関係が崩れたところに、エンドファイトを利用することによって、その共生関係を補てんしていくということになると思いますね。

【スタジオ2】
●エンドファイトが食料へ導入されたとき安全性は?

>>エンドファイトが「微生物農薬」として登録されるときには、数々の農林水産省のガイドライン、安全性のガイドラインを経なくちゃいけません。そういった意味では、安全であるというふうに考えていいと思うんですけれども。次々といろんなタイプのエンドファイトが見つかってきた場合に、すべて農薬登録を取るということは非常にお金のかかることで、かなり難しい。さらに、エンドファイトが実際に食料にまで使われるような形になるときには、消費者に向けて、これはどういうエンドファイトを使っているかというようなことも、 伝えていく義務が生じてくると思いますね。ある消費者にとっては、微生物農薬で作ったものだからより好ましいと思う方もおられるし、そこに危険性を感じる方も
いるかもしれませんね。

●エンドファイトを使うことで生態系への影響は?
>>エンドファイトを微生物農薬として使用するということは、特定の微生物を大量に高密度で環境に導入するということになりますので、生態系かく乱ということも視野に入れて、安全性を評価していくことがぜひとも必要になってくると思います。

●エンドファイトによって、農薬や肥料を使わない農業が実現する可能性は?
>>これまで、化学農薬とか化学肥料によって、人類は非常に大きな恩恵を受けてきたわけですけれども、一方、環境汚染という深刻な問題を引き起こしてきたわけですね。これからの農業を考えていくときに、エンドファイトのような有用な微生物の助けを借りながら、化学農薬とか化学肥料を適切に使用して、農業生態系において、環境改善を地道に図っていくということが必要なんじゃないかと思います。農業という営みの中に、自然の仕組みを利用する、植物と微生物のつながりの不思議さをより深く知ることによって、その知識を農業の現場に使っていければなというように思うわけです。それが環境保全型の農業を確立するうえでの、第一歩となるのではないでしょうか。エンドファイトは非常に魅力のあるテーマになってきていますし、やっぱり、環境保全型農業においては、農薬は最後の切り札として残しておきたいということがありますので、有用な微生物をどんどん見つけて、やはり環境との兼ね合いを考えながら、次世代の環境を守るという立場からも重要な研究になっていくと思います。

エンドファイトのNHK放送を見る

 NHK エンドファイトについて、クローズアップ現代の番組内容を見る

11月1日に放送された内容のエッセンスが簡単に見れます。
オンデマンドのサイトがあり、下記をコピーして、貼り付けて、検索してください。
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=2958
6分の動画付きで、解説もついています。
( この情報は、神奈川の山本太一朗さんからいただきました。)

たんじゅんネット 世話人  tanjun5s@gmail.com

元素転換と微生物;ケルヴランの研究

山本太一朗さんが、ルイ・ケルヴラン(フランス、1983年没)の研究成果を紹介しています。

1) 元素転換は、生体内で起きている。それには、微量の転換誘導物質がいる。
2) 放射性元素が、微生物(バクテリア)の作用で、非放射性元素に転換される。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。