スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士宮交流会 感想

たんじゅん農法実践交流会 in富士宮     はるき よしあき
                           (mixiとブログから抜粋・編集)
10月10日、炭素循環農法の勉強会にいってきました。場所は静岡県富士宮市にあるコミュニティ「木の花ファミリー」。現在70名以上のメンバーが農業を基盤とした共同生活をしているのですが、そこではこれまでの堆肥を入れる有機農業から無肥料、無農薬の農法に1年余前から取り組んでいるとのことです。

午前中は、そこの畑を見学。
畑の発酵がすすむとそこの野菜に虫が来なくなるというのが衝撃的!だって虫の食った野菜は安全の印だと思っているからね。
見学した畑には虫が食べて葉がレース状になったキャベツもあって、その葉と虫のつかないきれいな葉を皆で食べ比べたけれど、虫の食ったキャベツはエグ味というかニガ味がとても強いんですね。虫が食っていないのはおいしい。
虫の好きなキャベツと人間が食べたがるキャベツの違いが一目(一味?)瞭然。
       

これは参加者みなが異口同音に言っていました。苦いキャベツは腐敗型で、人間用ではないということなのですね。

虫の食っているキャベツと食っていないキャベツが、同じ畝に並んでいたのですが、その原因について、城さんの推測は、1年前迄、そこは有機農法で鶏糞を使っていたそうで、それが地下にまだ残っている。その量の違いかも、ということでした。
でも畑を案内してくれた「木の花」の方は「肥料は偏りなく施しているので、それは同じ。むしろ、前作に、緑肥のソルゴを栽培し、それが3mぐらいに育ってから、すぐ粉々に砕いて、畑にすきこんで、野菜の苗を植えた。そのすきこむ際に、深く鋤込み過ぎた場所がある、それが虫食いの原因かもしれない」といってました。
城さんは更に、「虫食いの方が悪とは一概に言えない。これも浄化の過程だといえるし、今はきれいにできている畝も来年は虫食いになることだってある」とも。
 
どちらにしても、腐敗型と発酵型というとらえかたに、「たんじゅん農法」のキモがあるかなと。
それは午後の城雄二さんのお話にも一貫していることだったように思います。

終了後、八ヶ岳から行った4人は「木の花」の鶏舎を見学させてもらいました。鶏糞の匂いがまったくしない、蠅もいない、きれいな鶏たちの住まいに驚きました。微生物を徹底して最大に活用する「たんじゅん農法」と共通するものがあるのでしょう。 腐敗から発酵へシフトしていくというのが共通のコンセプトでしょうか。
 そうした色んな常識が覆される面白い勉強会でした。

私のブログ( mirainet.exblog.jp )に簡単な報告と、その時の写真を40枚ほどアップしています( http://picasaweb.google.co.jp/catwalk9 ) 。

実は家庭菜園ですがこの農法を実験的にやり始めています。その報告はまた次の機会に。
 
スポンサーサイト

12月 三重・菰野 実践者交流会の報告

三重・菰野 たんじゅん農法 実践者交流会 報告
                          北原 光男

2010.12.18 三重郡菰野町にて開催した。

たんじゅん農法との出会いは、今年6月に森の風幼稚園の畑を園長のかなりさんの案内で、畑を見たのがきっかけでした。しろさんについて2年ぐらいたんじゅん農法実践しているということだった。

その後縁あって、近くのシュタイナー学校が本格的に農業部門を立ち上げたいと考えているのを知り、それなら、たんじゅん農法でスタートしてみてはと提案し始まったのが今年の9月。
当初は時期を逸していたので、先に人参の種まきをして、後から炭素資材を置くことになりました。
が、その後は、なんとか初めに資材を置いて土と混ぜてから苗植えや種まきの出来る流れができるようになりました。

まだまだ、やり出したばかりですが、早い時期に現場を見てもらい声を聞かせたもらいたいと思い、今回、現地交流の場を持つことになりました。

年末なので、それほど集まるとは予想していなかったのですが、県内だけでなく、愛知県など遠方からも集まられ、参加者は、30人にも。

10時から12時まで 畑の見学:
 シュタイナー学校の「こころコア農場」では支柱を挿すと20センチぐらい、作物も大根の先端の根が曲がるのもある硬い層がある。葉を食べると苦みがある。」
 一方、つぎの、森の風幼稚園の畑は、もう、たんじゅん農法を始めて、2年近く。支柱が1メートルぐらい入った。

12時から、シュタイナー学校のレストランで、畑の材料を活かした、豪華な菜食弁当をいただき、その講堂で、子供も交えて、学習と交流の会を開いた。 
 
 農業している市会議員や、愛農会、主婦、これからの方、実際の農業者など、いろいろな方が交流し合い、これをきっかけに、多様な方がつながり、新しい出会いと共に探求する仲間が一気に増えました。

 会の後、こころコア農場ではこの冬場に排水を良くして空気を取り入れて菌が活躍できるようにユンボを入れて土台作りが始まりました。昨日行くと学校の先生も子どもも一緒に炭素資材まきをしていました。

 大根の収穫も行われていたが、次の作付は?来年は大根の種まきと麦の種播きのときには大根の間に播いて収穫した後には麦が生えているのはどうかなど考案中。
 資材を切らさず菌への供給と作物を切らさず作り、連作していくことを徹底してみようと実践検証していくこと。まずそれからかなとの思いです。

 次回は春に寄ろうとなっています。それぞれ探求過程を持ち寄り検証しましょう。

チップ研究会のお知らせ

2月13日 (日) チップ研究会は、2月2日現在33名がの参加申し込みがあり、申し込みを締め切りました。

午前中は中村隆一さんの圃場見学 午後は21世紀の農学校でチップ研究会 
両方に参加したい方は、お手数ですが、午前と午後と、申し込み先が違うので、それぞれにお申し込みください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午前の部 中村隆一さんの圃場見学

場所 神奈川県二宮町 中村隆一さんの畑
 たんじゅん農法で、数年目。本格的は昨年から。露地野菜。主に、剪定チップだけを使っている。

9:30    JR 二宮駅南集合
10:00~11:00 中村さんの畑での交流会
11:30~12:30 昼食
昼食は決定ではないが、小田原邪宗門で食事飲み物付き1200円の予定。

* 午前の部の問合せと申し込み
 車か、電車か。昼食の要・不要をお知らせください
ponkichi-farm@nakamura.email.ne.jp  中村隆一

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
午後の部  21世紀の農学校

集合場所 神奈川県小田原市久野849-10
   「NPO法人 21世紀の農学校」
  13時までには、必ず集まってください。すぐに、そこから少し離れた圃場に移動します。
  遅れる方は、連絡ください。(電話 090-5105-6829)
*地図
   http://www.fujiwaraoffice.co.jp/company/map/
  (※ 事務所は、シンクタンク藤原事務所内)21世紀農の学校

13:00~14:00 21世紀の農学校の圃場へ移動し見学
  チップを主に使った圃場の実践を参観
15:00~   久野公民会で研究会
  チップを使ったたんじゅん農法の実績と問題点について、意見交換
 まず、稲垣正貴、山本太一朗、城雄二の3名に各20分発表してもらう。
 その後、畑の見学及び発表を含めて質疑応答、フリートーク。
 司会進行は山本さん。
17時か18時 終了

なお、午後の公民館は暖房が効かない可能性があるので、なるべく厚着でお願いします。

*場所の問合せ 大谷 賢司 メール info@21agri.org、電話 0465-32-1791

*午後の会の参加申し込み 
  申し込み先 ネット世話人(たんじゅん)
  メール tanjun5s@gmail.com   ファックス 0537-28-1955

*午後の会場へのアクセス
 (車)小田原駅駅より車で10分。小田原厚木道路荻窪インターより10分
 (バス)小田原駅西口より「兎が原循環」または「久野車庫前」行きに乗り「久野車庫前」で下車、徒歩3分

今年は8月来日、9月から全国行脚

ブラジルのもどきさんに、お便りを出したら、つぎのような返事をいただきましたので、お知らせします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
> 「エンドファイト サミット」という集会を開こうと、千葉の大久保さんを中心に計画がすすんでいます。研究者、農業者、消費者、企業、行政が一体になった、研究交流会です。
> そのサミットには、林さんにぜひ参加していただきたいと、今年は、秋に来日ではないかということで、秋に計画しています。
> それで、林さんがそれに参加していただけるか、どうか、伺いたいのと、
> もし、参加くださるなら、いつごろなら、日本に確実においでになるでしょうか。
   *    *    *
火が着けば、もう私の出番ではないような?・・・。
でも、何かに役立つ(少しでも火勢が増す)のなら喜んで参加させて頂きます。
多少の前後はありますが8月訪日?、9月実践者訪問?、になりそうです。
一応、訪日の3ヶ月前(4月中)までに決めたいと思います。

今年は、JRのレールパスが使えない所(離島など)でも行こうと思っています。
勿論、条件は同じ(自腹)。
ただ、費用と時間を要しますので3~4個所まで。

希望者があればの話ですが、よろしくお願いします。
現在の状況(こちらの都合)からして、それ以前になることはないと思います。
お世話に   なりますが、よろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>ハウス栽培の方は、いずれも、昨年後半から、水を切るか、出来だけ控えることで、虫の問題はなくなってきました。千葉の大久保さんのイチゴ、茨城の遠藤さんのピーマン。浜松の徳増さんのニラ、浜松の近藤さんや岐阜の服部さんの小松菜などです。
   *    *    *
着実に成果が上がっているようで嬉しい限りです。
「雨や潅水=水害?」が虫害を招く要因の一つ。
「不自然(ハウス)が反自然にしないために有効である」という好例ですね。
多少の硝酸が残っていても、好気状態にして腐敗を止めれば、硝酸の生物化も早まります。

実践者交流会 開きませんか

1) 実践者交流会
 春になります。
 例年なら、モドキさんが全国を回られる季節ですが、今年は、9月からになりそうです。
 それで、もしも、春にも、忙しいには忙しいが、だからこそ、実践者で寄って、交流をしたいという方がありましたら、
 手をあげて、やってみませんか。

 その際は、ネット世話人の方に声をかけてください。できれば都合をつけて参加して、学ばせてもらいます。

 早速、4月9日から10日まで、四国で開かれます。春いちばんです。さすが、南国。
 もちろん、たんじゅん世話人として、参加させてもらいます。
 ありがとうございます。 
 
2) 四国 愛媛・高知 実践者交流会 日程

4月9日AM10時~  まんがら農園(愛媛県西条市)
     昼食後  午後2時頃から 高知へ移動
     4時頃 香北町の山奥(熊野邸)で酵素ご飯とたんじゅん農法の話し
     そこで宿泊

4月10日 AM8時~高知・香北町の山中さんの畑
      AM10時~ 香北町谷相(たにあい)で2ヶ所
         
       昼食
       PM1時~ 南国市・風人ファーム()
       PM3時~ 高知市・まるふく農園(畑見学と話し)


問合せ先
楠瀬康博(まるふく農園) ;atease@trust.ocn.ne.jp

3) 実践者交流会の 企画、希望などの連絡先
 たんじゅんネット世話人 tanjun5s@gmail.com (田舎モン)
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。