スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土との混ぜ方

 刈った草はどの状態で混ぜるのか 竹馬
     [mixi]「炭素循環農法」より転載・編集 09年5月25日

竹馬

雑草を糸状菌の餌として混ぜる場合、どのような状態がベスト(無駄がない)とお考えでしょうか?

登熟した緑肥ならタイミング、状態がわかるのですが、
その辺の青草を刈ったものは、どのような状態まで干せばいいのかが、なかなか分かりません。

5月26日 りゅうま

あんまり厳密にしてしまうと苦しくなってしまうと思いますので、そこそこアバウトにするのがよろしいのではないかと。
緑肥や廃菌床は割りと貴重な資材なので、混ぜる時期はきちんとしたいところですが、青草・雑草はそうでもないと思いますので、適当で、自分の作業の都合に合わせるのではだめでしょうか。
「昨日、ちょっと飲み過ぎて調子悪いので、明日か明後日に混ぜようかな」とか、「しばらく雨続きになってしまいそうだから、今のうちにすきこんでしまおう」とか。

5月26日 竹馬

りゅうまさん、コメントありがとうございます。

>緑肥や廃菌床は割りと貴重な資材なので、混ぜる時期はきちんとしたいところですが、青草・雑草はそうでもないと思いますので、適当で、自分の作業の都合に合わせるのではだめでしょうか。

 青草、雑草を単純に混ぜるだけでいいなら、既に古人が同じ農法(無施肥、無防除)を確立していたと思われるので、やはり、はずしてはならない状態があるのだと思います。

今日、畑で通路に放置した青草を観察していました。
2日続けて雨だったのですが、青いままのところはどろっとして、小蝿がいました。一方、ある程度枯らしたもの(緑色が消えかけや、黄色、もしくは黄土色で、多少がさつく状態)は、虫は寄っていませんでした。

虫のおかげで次の目安ができました。

続きを読む

スポンサーサイト

剪定チップ問題 いろいろ

剪定チップ 特集      [mixi]より転載
1、剪定チップの利用をどうすればいいか
2、剪定チップのお値段
3、剪定チップの手抜き発酵


1、 剪定チップの利用をどうすればいいか          
                  りゅうま   [mixi]「炭素循環農法」より転載・編集
                                      09年5月22日
【概要】 剪定チップは葉や樹皮が主体で、難分解性のリグニンはほとんど含まれていないから生で使って良い。
 生の剪定チップは無処理でも自力で発熱して発酵するが、その時に消費されるエネルギーすらもったいない、同じ事を土の中でさせればそれだけ土が良くなるために使われる。(この段階で使用されるエネルギー源は葉や樹皮に含まれる糖やタンパク質)
 剪定チップは製材所のオガクズ的なとらえ方ではなく、どちらかといえば稲ワラや落ち葉的な使い方で良いよう。(生の剪定チップのC/N比は樹種にもよるが70~100くらい)
 葉や草が混ざっている剪定枝のチップの場合は、炭素率の調整をしなくてもそのままで発酵するので単体で使用できる、微生物資材や水を加えることで効果的な発酵ができるようになる

続きを読む

剪定チップのお値段

2. 剪定チップのお値段は?       [転載用] 2009年11月29日
ちゃありぃふぉと
現在、30坪ほどの家庭菜園で野菜を作っています。
今まで、自然農法で無施肥・無農薬で栽培していましたが、なかなか成果が出ないところで、このコミュニティーを知りました。
近くの木材等の廃棄処理業者さんに剪定チップが幾らくらいになるか、見積もりをしてもらいました。
30坪(約100平米) × 厚さ5cm = 4.5立方mの量で、大きさ2.5cm が37,800円、大きさ5.0cm が17,100円、
+運送費 ということでした。
この値段が果たして安いのか高いのか妥当なのかがわかりません。
また、どちらの大きさが良いのか、5cmの厚さが妥当なのかも不明です。
みなさんのご意見を頂けたらうれしいです。

続きを読む

チップの手抜き発酵

3、剪定チップの手抜き発酵       [転載用] 2010年01月13日
まーぼう

49632536_33.jpg 49632536_90.jpg 49632536_222.jpg
私、以前は島本微生物農法のチップライトを参考にしながら剪定チップの発酵処理をしていました。(http://frogfarm.sakura.ne.jp/blg/sfs6_diary.cgi?action=cat&cat=11 の2009年1~3月頃の記事参照)

ところが、チップ化したばかりの生の剪定チップは上記のような処理(かなり労力かかります)をしなくても自力で発酵する事が分かりました。
写真のチップの山はチップ化されて5日程度ですが、中心部は既に58℃まで上がっています。(この山で8立米、2トン程度)

しかも、以前行っていたチップライト化の作業では水を大量にかけながら仕込みをしていたので、発酵熱が一旦下がってしまい再び温度が上がるまでに 1週間ほどかかっていましたが、このただ堆積するだけの手抜き発酵ではこの温度低下が起こらないので発酵時間の短縮になります。

竹や広葉樹のチップは生のまま畑に入れても構わないそうですが、針葉樹の場合は植物や微生物にとって生育を阻害する成分が含まれており、この成分を抜くためにこのような発酵処理をする必要があります。

続きを読む

炭素資材の効果的な使用法

高炭素資材の効果的な使用方法 [       転載用] 2010年01月04日 10:30 まーぼう
先日、静岡県掛川市の田舎モンさんの畑を見学してきました。
以下、ざっとですがその時に見たものや感じたことをレポートいたします。

・畑について
49144249_105s.jpg 49144249_247.jpg 49144249_130.jpg

見学した畑は今年春から炭素循環農法に転換。
それ以前は3年ほど有機農業。ただし使用した有機肥料に窒素分は少なく、それほど土壌汚染してはいない様子。
土は粘土質。色は黄土色で、山の表層を削ると出てくる芯土のような感じ。
水はけが悪く、これまでは栽培が非常に困難であったとの事。

・高炭素資材について

高炭素資材は廃菌床と剪定チップを使用。
使用方法は廃菌床やチップを2センチほどの厚さに撒き、2~3センチほどの深さに鋤込み。
これは鋤込むというより土と和えるといった感じ。

栽培中も約2ヶ月ごとに剪定チップや廃菌床を土の表面に撒き、作が終わるとレーキで表土を均すのでその時に廃菌床などが土と混ざる。

・炭素循環農法に転換してからの経過

春からの一作目は大きくならなかったり虫食いにあったりとあまり出来が良くなかった。
しかし土の変化はハッキリと感じられ夏からは虫食いもほとんどなく、野菜は健康的にぐんぐん育つ。
そして現在、土は高度に団粒化しており、指先だけで簡単に10センチ以上掘る事が可能。

・現在の野菜の状態

ネギは9月に植えたが成長が早く土寄せが追いつかないほど。
剪定チップや廃菌床を株の周りに重ね撒きして土寄せの代わりとしている。

このネギ、植物体全体にしっかりと養分が行き渡り、葉先の黄化などが見られないし虫食いもない。
一般的に暑い時期は虫によって葉に白い筋が入ったり赤さびが出たりするがそれも全くなし。
慣行栽培では農薬使用を行うがそれでもある程度出てしまう。

大根もぐんぐんと育ちもらい手がなくなるほどの大きさに。
でも固くならずスも入らない。

畑全体ではまだ生育ムラもあり、虫食いになっている野菜も見られるが、これも時間の問題で全体が良くなると思われる。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。