スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい土と微生物多様性・活性度の研究

7000か所の土壌の中で、7位以内の最高の微生物多様性と活性値をもつ土壌がたんじゅん農法で

  *   *   *

美味しく、元気な作物が育つ土、そこには、優れた土壌微生物が住んでいるからだと、
専門家は、よってたかって、そのスーパースターを求めて、この十数年、探してきた。

そして、その結果、豊かな土壌、おいしい作物が育つ土壌は、現実にある。
だがしかし、そういった土壌に、スーパースターは、ついにみつからなかった。

そのかわり、土壌の豊かさと微生物の間には、ある法則がみつかった。

「土壌の豊かさと、微生物の多様性、それに、その活性度は、比例する」

美味しい作物が育ち続け、病気や虫の発生しない土壌を、豊かな土壌とすると、
そこには、多種多様な微生物が住み、
しかも、それらの微生物の活動が活発である。
多様な微生物は、それぞれ別々の食べものを食べる。活動が活発なほど、それを食する速度が速い。

逆に、作物が育ちにくく、病気や虫が発生する土壌は、
微生物層が偏っているか、ほとんど存在せず、
また、微生物の働きが不活発である。
それぞれの食物を食べる速度が遅い。分解が遅い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういう研究結果をもとに、科学的に、上の法則を、数値化して、
豊かな土の新指標 「土壌微生物多様性・活性値」を提案している研究所がある。
DGC総合研究所。 http://www.dgc.co.jp/biodiversity.htm

十数年の研究で、7000か所の土壌について、その指標を測定してきた。
95種類の微生物群が、それぞれの土壌に、どう分布しているか。それらが、それぞれの食べもの(有機物)をどのくらいの速度で分解しているか。それを一枚のプレートの色変化として、時間の経過とともに、測定し、それを総合的に数値化して、「多様性・活性値」という指標を出している。

たとえば、次のような、代表的なパターンが、プレートで見られる。いずれも、48時間後の発色状態。

3種の典型的な指標のパターンがある。 (クリックすると、3枚の写真、A,B,C、そのあとの資料は、DGC研究所の参考資料 )

Aは、ほとんどの微生物はいなくて、偏った種類の微生物がすむ土壌。化学肥料や農薬に頼った畑でみられる。
  病気が発生している。多様性・活性値 24万 偏差値 34
Bは、平均的な土壌。95種類の微生物のうち、半分程度がすむ土壌。
  多様性・活性値 80万 偏差値 50

Cは、非常に土壌微生物多様性の高い土壌 活性値 200万、偏差値 83.6 (0.13%以内)
95種類の微生物のうち、80%以上の微生物群が存在し、しかも、24時間後、その多くの微生物が活発に食べものを食べ、それが色の大きな変化として、現れている。

これは、一年前から、たんじゅん農法をはじめている、岐阜・加茂白川の服部晃さんのハウスの土壌試験結果。

服部さんは、無化学(有機)肥料で18年、無肥料は6年前から実践。たんじゅん農法は1年前から、廃菌床を主な炭素源としている。有機肥料の投入時は、病虫害の発生で悩まされた経験から、無肥料栽培に切り替えたが、収量があがらず、1年前から、炭素資材を投入する無肥料栽培、たんじゅん農法にしたところ、アブラムシなどの虫害は激減しているという。

ちなみに、白川町の熱心な有機農家の土壌も、DGC研究所の試験をしたところ、それぞれ、多様性・活性値が、100万(偏差値57)、110万(58)、140万(68)となっている。
7000か所の土壌は、有機農業や、減農薬・減化学肥料農業など、土づくりを積極的に取り入れた生産者の土壌を多く含んでいることから、服部さんの土壌は、限りなく、希有に土壌中の微生物が多様で活発であると、DGC研究所は評価している。

たんじゅん農法では、発酵土壌が、美味しく、健康な作物が育つ要件としている。また、発酵とは、微生物層が多種多様であること。腐敗とは、微生物層が貧弱で、偏っている。
としているが、まさに、そのことを、科学的に証明されたことになる。

これからさらに、たんじゅん農法の各地での実践者の土壌が試験されていけば、それが希有な成果ではなく、誰でも実践可能な、しかも、自然の原理に基づいた、持続可能な農法であることが、示されていくのではなかろうか。

この試験については、くわしくは、DGC研究所のhpを見られたい。

続きを読む

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。