スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月25日 鳥取・鳥取

4月25日 鳥取・鳥取 

私は京都の原田さんから炭素循環農法を教えてもらい去年から実践しています。今回は私を合わせて5人でお話を聞かせてもらいました。
たんじゅん農法に興味がある農業友達の三人は
最近農業始めた白ネギ農家
米を無農薬栽培している農家
葉ネギをメインに栽培している農家
私はイモ類、ネギ、オクラナド野菜全般をたんじゅん農法で栽培しています

あと火葬を疑問視している石屋さんも参加されました。

10時から二時半までの4時間半お話を聞きました。
鳥取はきのこ栽培がさかんで、廃菌床が手に入り易いこともあって皆がやる気になってました。

後で炭素循環農法についての記事(現代農業)をまとめて綴じたものを皆に差し上げました。

そうしたところ、「家族の理解が得られた、親父の方がやる気になっている」という嬉しい声がありました。
実践農家さんを訪れたいと皆で話しています。
そういった情報が頂けたら幸いです。

鎌谷晴菜
09041408514

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。