スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&Q 畜糞、おが粉の使い方と自然の仕組み

1)スギナしか生えない畑もあり、きれいすぎる、少し汚した方がいい、と言われました。
  まずは畜糞を入れて多種類の雑草が生える状態にしたらどうか、とのアドバイスを受けました。
  しかし、畜糞を畑に入れることにはこだわりがあって、どうしてもできないのです。


&Q1: 
  こだわり、それはそれで、いいではないでしょうか。
  ただし、そのとおりになります。それが自然・天然の仕組みです。
 自然・天然の仕組みは、あちら側から観ることでしかわからない。

 こだわりは、自己の頭のなかの、過去に知った文字、言葉にしがみついていることです。
 自己の世界は、過去の世界です。
 未来を、過去から見る世界です。
 自己の数だけ、こだわりがあります。

 こだわりの「天動説」が、「地動説」に変わるのに、100年かかりました。
 あまたのこだわり、「脳」生活が、向こう側から観る、「自然・天然」生活に転換する、いまの時代。
 しかし、やはり、100年かかるのでしょうか。

 みんな、何らかのこだわりで、自己の世界を生きているのですが、
 それが当たり前になっていて、こだわりにさえ気づいていないのです。
 
 こだわりは、過去の側、からやっていること。
 いくら、やっても、「未来側から」、「自然・天然の側から」の農、生き方とは、真逆。
 その違いが、わかることさえありません。

 過去は、脳の中にあり、いくら自然・自然と農をやっても、「自己の世界の農法」には変わりありません。
 
 自己とは、過去と同義語。自己の世界とは、言葉・文字の世界です。
 それでは、その通りの畑に、その通りの人生になるだけではないでしょうか。

 ただ、何にこだわっているか、それに気づくために、この農法があるのかもしれません。

 かなりの方が、自然の仕組みを知らないで、自然のまねをしようとするこだわりを持っています。
 もどきさんは、それを自然農法症候群と言っていますね。
 だれのなかにも、それは多少の差はあれ、あります。

 それは、命が、自然・天然の側から届けられていることを、どこかで知っているからでしょう。
 それを、本能的に探し求めているのです。それが人間です。
 人間だけがそれを、頭で知りたがっているのです。頭があるために。
 
 でも、その命、自然・天然は、自己・頭・過去からは、真逆で、自己からは分かりようがないものです。
 
 仕事、研究、人生、楽しさ、やりたいこと、・・・・健康、幸福、平和。
 すべて、二つあることに頭が気がつけば、
 あとは、どちらからやっているか、どちらをやるかは、ご自由にでしょう。
 
 自然・天然の仕組みは、偉大であり、寛容です。そして、厳格です。一つしかない、例外はない。
 
 それに反すれば、いかに思いや強い意志があっても、そうはならずに、迷路が用意され、
 複雑、暗欝、矛盾だらけの 日々になる。
 その通りの今になっていないでしょうか。
 
 人間の思い・考えではなく、自然・天然の仕組み、理を知る。
 
 自然の仕組みは、
 未来側にあり、命、人間の本生を用意してくれているものでしょう。
 
 それは、単純、明快、矛盾なし。
 未来側、自然天然の側から観れば、すべて、そうなっているのではないでしょうか。

 病気も、混乱・行き詰まりも、
 過去、人間の脳・自己の側からではなく、未来側から観れば、
 なるほど、なるほど、単純、明快、矛盾なし。
 
 すべて、その二つの世界に気付く材料でしょう。
 畑も、チップも、おがこも、こだわりも・・・。

 とてもいい時代、ちょうどいい時代にに、生きている。生かされている。
 有り難いことです。
 ありがとうございます。

2)おが粉がどさっと運ばれてきました。どう使えばいいのでしょうか。
  米糠を手に入った分だけ混ぜていますが、畑で「処理」するいい方法がありますでしょうか。


&Q2: 
  おがい粉は、目が細かいですか。それだと、なかなか、微生物のエサになりませんね。
 たくさん入れると、むしろ、酸欠で、下の土の微生物を窒息死させ、その結果、腐敗になりかねません。
 何がいいとか、悪いとかはありません。
 その通りなるだけです。
 
 いったい何をやりたいのかで、いい、悪いは逆転します。
 もどきさんが、だれだれさんが、こう言った、ああ言ったでは、右往左往の日々、
 自然農法症候群の拡大再生産です。
 
 もし、自己・過去の側から、人間の脳の側から、やっていくのであれば、
 その自己の数だけ、いい悪いがあります。
 
 現在の農業は、それを示していますし、農だけでなく、すべて、そうです。
 それが争い、迷い、未解決の原因でしょう。
 
 もし、もう一つの側からやって行きたければ、
 仕事を、生活を、研究を・・・・

 自然の仕組みがどうなっているのか。それを知るしか、
判断、研究、生活のしようがありません。
 それを、感じ取って、そこからやっていく。

 たんじゅん農法は、そのための、感じ取る材料です。問いです。
 その中から、自然の仕組み、自然・天然の理を、すくい取るために、畑で遊ばせてもらっているのでしょう。

 だれしも、人は、ホントは、どこかで、それを探しているのではないでしょうか。
 それを感じ取り、それを脳の力で、未来側の答えを厳密に整理して、
 それに従って、未来側に従って、やってみることです。

 自然・天然の仕組みは、
 単一の、偏った微生物が住んでいる状態か、安定なのか、みんなが栄えるのか。
 多様で、豊富な微生物が住んでいる状態が、安定なのか、みんなが栄えるのか。
 そこから出発しないと、どうしたらいいかは、観えてこないでしょう。 

 これでは、答えになりませんね。Q&A ではなく、Q&Q です。(^-^)

 ここに書いたものは、答えではありません。
 自己の側からでは答えでしょうが(^-^)
 すべて、問いです。
 問いの答えは、自然・天然の側にあります。

 畑に、生活の場に、答えがあります。
 すべて、その通りになっています。
 楽しいです。
 
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。