スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能は不安の科学的根拠

放射能問題を、人間の側からと、宇宙の側からと、両面から、とらえないと、
科学的に考えることはできない、という方のための、情報です。

遺伝子と放射能の関係が最近進んできています。

自然放射線で遺伝子が壊されている。
と同時に、遺伝子がそれも何万倍も上回る速度、猛烈な勢いで修復されている。
また、放射線が、眠っている遺伝子(97%ぐらい)を目覚めさせて、生命力を上げる役をしている。

それだからこそ、放射能いっぱいの過去の地球から、生命が進化してきたのではないでしょうか。

ほんとうか、どうか。
二つで一つです。

2011年の3.11を機会に、放射能の人体への影響について、不安が高まり、食品や農業、教育、育児など、あらゆる場で、放射能のデータが問題になっています。
しかし、その前提になっている、「放射線は、どんなにわずかでも、人体に影響があり。放射線量に比例して、人体に悪い影響を与える」ことがホントか、科学者のなかで、DNAと放射能の影響などの研究が進み、驚くべきことが明らかになりつつあります。

    :    :    :
結論からいえば、
ある放射線の強さ以上になると、強さに応じて、人体に次第に悪い影響が出る。
しかし、その強さ以下であれば、人体に影響はない。
むしろ、その場合、癌の発生率がさがるなど、人体にいい影響もある。

それは、眠っている遺伝子のDNAが目覚めるためである。

放射線が強い大昔は、その遺伝子が活躍していたが、放射線が弱くなって、遺伝子の役がなくなり、眠って、3%ぐらいしか活動していなかったのが、放射線があたることで、目覚め、それとともに、活性酸素などによる遺伝子の破壊を、より高速で修復することができるようになり、癌の発生率も、放射線をあてることで、下がってくる。

詳しくは

『人は放射線になぜ弱いか』第3版 近藤宗平 ブルーバックス 講談社
『放射能と理性』 ウェード・アリソン(峯村 訳) 徳間書店

『放射能を怖がるな!』 T.D. ラッキー、 茂木 弘道 日新報道
『低量放射線は怖くない』 中村仁信 遊
『「放射能は怖い」のウソ』 服部 禎男 ランダムハウス
『外国人が見た東日本大震災』 エハン デラヴィ(J.C.ガブリエル)



動画でも、その話が見れます。

服部禎男さんとエハン・デラウィさんの講演で、タイトルは
「放射能とDNA パート1」です。
 http://www.ustream.tv/recorded/17862990
パート2もあります。

もしかすると、不安は、人間基準。腐敗を助長するだけ。
いまこそ、未来を基準に、観ていく時では。

続きを読む

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。