スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌の新しい記事

anemone(アネモネ)という、スピリチャアルなことを中心にした月刊誌があります。

その今年4月号に、炭素循環農法が5ページにわたって紹介されました。

中村いずみというライターが、炭素循環農法の交流会に参加したり、実践者の畑を取材し、さらに、林幸美さんと連絡を取りながら、書いたものです。

「近未来の食糧危機を救う  収穫量も味わいも倍増する炭素循環農法 (基礎編)」

小見出しだけを紹介すると

・ 気候変動を乗り越えたアマゾン古代農法の発見
・ 楽チン農法の成功法は、肥料や堆肥を使わないこと
・ 腐敗と発酵を理解し、どちらを選ぶかで世界が変わる
・ 諸悪の根源になっている肥料や有機堆肥の窒素
・ 炭素循環農法の成功の鍵を握る土壌の菌の育成法
・ 驚くべき菌の働きで、肥沃な農地が作られる
・ 菌を増やす鉄則は、空気と好物の餌を与える
・ 自然に沿った不自然農法は、安全で収量が何倍にもなる
・ 連作やモノカルチャーも可能になる大自然のしくみ

定価 870円 書店にあまりないが、注文で取り寄せられます。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。