スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日本 交流研究会 写真報告

10月26日、27日 富山・南砺の湧々農場(吉田稔)で、開かれました。

26日の農場参観の写真報告

吉田さんの有機肥料と、特殊モミガラボカシを併用した野菜は、甘く、よくできていた。
粘土質の畑は、前夜からの台風の雨にもかかわらず、歩くのほぼ問題なく、2年間で、かなりよくなってきた。

ただ、春先の雨続きで、入れた廃菌床(コーンコブ)をトラクターでこねたために、腐敗になり、野菜に虫がついていた。
それを解決するには、畑全体として、水はけをよくし、畝に空気を入れる工夫が、大事となった。

この冬は、それをやると、吉田さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
富山に行く前に、あちこち回ってきた。その写真はつぎに。
その写真を載せます。

続きを読む

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。