スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人も自分も指導者にしない

HP「炭素循環農法」の読書(勉強)会・・・・
「自分は誰の言うことも聞かない。誰からも教わらない」mixy 玄おっつぁんさん(宮城 大槻 けいじさん)
の日記より 全体に公開2014年01月24日04:03

炭素循環農法 ホームページ
指導者はいない(新しい者が先生)
http://freett.com/tenuki/kiso/genri.html#g8

 土や作物は「作る」ものではなく「できる」もの。

バランスは「取る」ものではなく「取れる」もの、
自然の側が決めます。

ですから、人ではなく相手(自然=仕組み=法即性)が指導者(基準)です。

土、作物、虫、微生物などや、
自然農法を知らない者、新しい者(後輩)、より若い者が
実際に教えてくれる先生となります。

基点(視点)の逆転により当然、上下関係も逆転。

「自分は誰の言うことも聞かない。誰からも教わらない」
これが本物(自然農法の本質を理解した者)の言葉です。

だからといって、別段難しいことではなく
実践すれば、伝えさえすれば、
“あちら”(自然=下位者)から教えてもらえる仕組みになっています。

もちろん、“あちら”が代価を求めることはありません。
伝えるのも当然、無償でなければなりません(必要経費を除く)。

自然農法の先輩(実践者など)から教わることは何もありません。
先に知った者は、それを伝えるだけで何一つ教えることが出来ないのです。

自然農法の創始者(岡田茂吉)は、
自然農法に指導者は「要らない」と言いましたが、
正確には「出来ない」。指導しては「いけない」です。

先輩からも貰えますが、それは「問い」。
これも逆転し、何らかの「答え」を出すと、後からその「問い」が出てきます。

人が指導しようとした途端、自然農法ではなくなります。
人から教わろうとしたその瞬間、学ぶことを放棄したのです。

視点=基点=教えが、自然の側(天)ではなく、
人(地)=己の側(既成概念)になってしまうからです。

故に、先導者=出題者(煽動者?^^;)はいても、
指導者はいません。師弟関係も存在しません。
あるのは無条件で子を育む、親子のような関係でしょうか。
これも本物を見分ける重要なポイントです。

指導者がいたら“おかしい”と断定して構いません。

巷の自然農法の指導者然とした者の教えや、
そのグループが似非自然農法になってしまうのも、
自然農法自体が未だに、あまり知られていないのも同じ理由でしょう。

人(先輩)の言葉ではない、自然農法の実践現場や生産物からは、
直接教わることができます。

栽培・飼育記録などの“生の”データは生き物の“ことば”。
たとえ他人のデータでも貴重な自然の教えです。
ただし人知・感情を捨て、あら探し、疑う姿勢を忘れないように。

言うまでもありませんが
作物に対する基礎的な知識(性質や生理作用、応用技術など)は、
一般的農法と同じように、
先輩や書籍その道の指導者などから教わることが出来ます。

また単に、理論面だけなら既成概念同様、
教えることも教えられることも可能です(このhpのように)。

***************************************

「余所で勝手にやって下さい。」  (笑)。 全体に公開2014年01月24日21:41

転換以前
http://freett.com/tenuki/jissen/tenkan.html#t000

 炭素循環農法は、

自然の側(法則)に基準を置き

科学的に説明したに過ぎず、マニュアルはありません。


何をやろうと自由。

自然の法則に則っているか否かだけが問われます。


「炭素循環農法を取り入れて己独自の農法を」などと

大それたことを考えている者や、土の外で資材を弄んでいる、

自然に対し真の謙虚さがない者は

「直ちに、ここから立ち去って下さい」時間の無駄です。


余所で勝手にやって下さい。  

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

HP「炭素循環農法」の読書(勉強)会・・・・「では何故?。ご自身で確かめて下さい。」(笑)。 全体に公開2014年01月28日02:04
「単にそれを真似ねるだけでよい。」・・・・これが曲者!!(笑)。

「単」と「簡単」の違いが分らなければ、お話になりません(笑)。

------------------------------------------------------------------
サイト案内(心得)
http://freett.com/tenuki/etc/jyo.html#annai

極々少数の例外を除き、殆どの方にとって
当サイトの内容(捉え方)は初めてと思われます。

次項を留意の上、読み進んでください。

全てが逆転しているのは本来の時間の流れ(未来→過去)の関係上
、同じものを見ても正反対になるためです。

ここ=たんじゅん(炭素循環)農法を複雑と感じたら、
それは己の頭が複雑な証拠。

また、何やら宗教めいて、主義・思想・哲学的にどうも・・・と感じたら、
それらに囚われて(毒されて)いる証拠。

要するに脳内汚染=腐敗(結果として)。


宗教・哲学、主義・思想等は人が作り出した人の基準=己の基準。
人の幻想であり、自然の基準(理)ではありません。


また、他の農法などに対しての言及は、一個人の言葉(批判や非難)ではなく
「自然から見たらこのように見えますよ」と、述べているに過ぎません。

何(殺し)をやるのも自由。

ただ食糧生産である以上、そのツケは
消費者の命で払うということだけは肝に銘じておいて下さい。


理屈はどうあれ兎に角、良いもの、美味しい物を作りたい。
また、儲けたいという方は、
迷わず(余計なことは考えず)忠実に書いてある通りにして下さい。


ただ現在のところ何も理解せず、それが出来るという保証は
致しかねますが(^^)。

もし失敗したら、
それは炭素循環農法(自然の仕組み)の「つもり農法」です。


現在のところ:

最初の者には手本がない。

実践者が増えれば手本通りにすればよい。

その時、理屈も理念も感謝もいらない。

単にそれを真似ねるだけでよい。


○ここに貴方の求めている「答え」はありません(技術、理論を除く)。
 答えを探し回るのは愚かな行為です。
 ここ以上の知識・理解がない限り、ここにあるのは「問い」です。

○自然や、未来側の者=知らない者・幼い者・後輩(自然農法を伝える相手)から
 答えはもらえます。
 先輩や指導者、書籍・資料などからは、問いしかもらえないのが自然農法です。
 そして、答えが先、問いが後から分かります。

○基本的技術や原理は説明できますが、
 農法自体はここでは教えられません。
 自然から学ぶものだからです。

○四の五の言わずに「何が何でも他人に伝える」これが自然農法の学び方。
 これなくして理解は無理。実践以上に学べます。

○自然の側からみての相手は己。
 「相手を生(活)かす=己を生かす」。
 故に「企業秘密=自殺行為」です。

○ここは単なる「自然の代弁」。
 「自然の側」に立てば、誰にでも容易に分かること(自然の仕組み)の説明です。
 原理は非常に簡単。
 もし、難しいと感じたら「人(己)の側」に立っている
 「人脳(悩)法」になっていると思ってください。

○感動(感情)は一時。
 自然の法則は不変・不偏・普遍。そして永遠。
 それを知る=智性。
 制御=理性。
 委ねる=本能。この四つのバランスを大切に。

○人の言うことを安易に信用してはいけません。
 それなりに検証してはいますが、とんでもない陥穽があるやも・・・。
 おかしいと思ったら人(既成の知識)ではなく、虫に直接聞いてください。

○EM菌(活性液)や米糠のことも、一通りの説明はしてあります。
 しかし、使えと言っているのではありません。
 また、使えば良くなるとの先入観念も捨ててください。
 そもそも「万能」などというものは存在しません。

先ず最初に、
どのような土を作り、
その結果どのような生産物が出来るのか。
そして本物(本来のもの=人畜の食物)と
虫の餌の違いを知らなければ話になりません。


農業のプロや多少なりとも、その知識のある方は200回、全く知識のない方は20回以上。
当サイトを熟読の後、質問・疑問、感想なりをお寄せ下さい。
読んでいないと判断した場合、上記が返信代わりです。
手抜きが基本のサイトなんですから、これも手抜きでまいります^^;。

もちろんメールは大歓迎です。
皆さんから教えていただく、答えや問いが当サイトの内容充実の原動力です。
返信しない場合でもサイトには、しっかり反映させていただきます。

 200回:
しかし、当サイトを丸暗記なんぞしても何の役にも立たない。
それどころか知識の積み重ねは有害(肥毒)。
頭は覚えるため(過去)ではなく、考えるため(未来)に使う。
必要なとき必要な箇所を調べれば十分(辞書的活用)。

では何故?。ご自身で確かめて下さい。


続きを読む

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。