スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月から4月  探し求めてきたものがここに

 今年(2009年)3月、「炭素循環農法」の見学会があるとの連絡を、同じ、掛川の堀さんからもらい、その名を初めて知る。
 そして、そのホームページ http://page.freett.com/tenuki/ を観て、驚く。

  堆肥を使えば、土が腐敗する。ミミズがいるのは、土が腐敗。その土で育つ野菜は虫がつく。
虫がつく野菜は、虫のエサ、人間の食べ物ではない。人間の食べものは、発酵した土で育つ。
  団粒化した発酵土になれば、虫はつかない。収量は上がる。それが自然の理。

 だが、最も響いたのは、従来の農法のほとんどは、人間の側からの農法。「炭素循環農法」は、こちら側(人間の側)からではなく、向こう側(自然の側)からの農法であると言い切っている点。

 自然とは、「共に生かし、生かされ、生き活きる」。

 ドラッグ(施肥)と殺し(防除、排除、隔離)はしない。
 不自然であってもいい、反自然でなければ。
 先駆者から教わるものは何もない。
 新らしい者が先生。
 基準は、単純・明快・矛盾なし。

 意識の世界の、天動説から、地動説への転換。

 もし、これが本当であれば、ずっと探してきたものが、ここにある。「戦争のない社会」「みんなが輝いている社会」作りの解答が、農法を通して、ここにある。

 しかも、こと細かく、して、その実践法をいろいろな角度から、解説してある。

 これが本当であれば、まさに、完璧。 となれば、後は、検証して確かめること。
 この農法そのものは、従来から篤農家がやっていたことだけど、その原理がはっきりしていなくて、だれでも実践できるものではなかった。それを、「炭素循環農法」として、原理と実践法を整理してまとめられた。それが、ホームページ「炭素循環農法の講座」http://page.freett.com/tenuki/ だ。
ただ、まだ、実践者はすくなく、あまり知られていない。

 さっそく、ブラジル帰りのもどきさんを訪ねたり、「炭素循環農法」の実践者の集いに、神奈川、愛知と参加しながら、やっている畑、2反をすべて、「炭素循環農法」に切り替える。
その時から、この農法を、「たんじゅん農法」と愛称することにし、その農法をいる方と交流するために、情報交換の場として、ホームページ「たんじゅん農法の広場」を用意する。
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。