スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月~  近くの仲間と 交流会

 車で30分のところで、タネ屋さんをやっている本村博之さんと4月に知り合う。彼は、5年前から、畑やハウスで、「炭素循環農法」を(その名も知らずに)やってきている。

 無肥料で、廃菌床や、剪定枝、チップ、松葉などを、畑に敷き詰め、それは厚さ20cm以上になっている。

 できている野菜は、甘く、ジューしい。大きく、トウ立ちが遅い。

 また、車で10分のところで、5年前から会社を50歳前に辞めて、百姓をはじめた堀勲さんは、4年前に「炭素循環農法」を知り、1年前から、本格的にそれを実践し始めた。

 そんなこんなで、みんなで、もどきさんに来てもらって、5月2日~3日、磐田・掛川で、実践交流会を開く。予想を超えて、60名の参加者。

 新しい方が主人。かってない勉強会は、今後の実践に大きな収穫と励みになった。


img353.jpg
新しい方が主人

それからの、本村さん、堀さんは、もともと、パワーと知恵のあるかただけに、焦点の合った動きになったのは、いうまでもない。
 次々と、3名の畑には、いろいろな方が、それ以来、出入りするようになってきた。

 手弁当で日本中を駆け巡る林さんに応えるスベは、「炭素循環農法」を実践・検証し、それを広めるお世話をすることであろう。
 
 いままで借りていた畑2反に菌床を撒いたころ、小学校の隣りの4畝の空き地を使ってくれないかと、話がある。これは、学校の子どもたちの遊び場にせよということだとして、「たんじゅん農法」の畑にすると、すぐに決める。

 とはいえ、まったく新しい山土を入れたところ。雑菌が少ない。そこで、まずは、鶏糞や食品残渣を納豆菌で発酵させた堆肥を軽トラ一杯撒いて、モミガラと土とかき混ぜ、雑菌を増やす。1週間後、畝を立て、廃菌床を2トン撒き、軽くかき混ぜる。


img356.jpg
堆肥で土を汚す

 上さんは、「これ以上、また畑を増やすの」とブツブツ言いながら、でもホントは、どんなことになるのか、楽しんでいるようだ。
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。