スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たんじゅん農法を拡販したい

Q&Q・・・答えは自然が
Q:
最近「炭素循環農法」を知りました。
御社のHPを偶然拝見させていただき感銘しました
是非「炭素循環農法」の拡販や自前の畑で使用したいのですが、
どの様にすればお仲間に入れるのでしょうか?

Q&Q:
1) 〈結果〉を求める人間基準と、〈原因〉から観る自然基準

この農法は、人間の頭を基準にするのではなく、自然を基準にするものです。

人間は、いろいろな活動を、人間の頭でしますが、
<結果>を求める「拡販」や、固定した「組織」づくりも、
自己を守り、育てる活動として、大事です。

一方、自然は、さまざまな活動をしますが、
<結果>を求めて拡販をせず、自然の<原理>(原因)に基づく働きをし、
固定した組織は作らず、常に原理に沿って、
環境条件に合うよう変化をしながら、
全体として秩序を保ち合っています。
その結果として、多様な存在が共存・繁栄しています。

その典型的な例が、「人体」です。「地球」です。「宇宙」です。

自然基準から観れば、
だれしも、その自然の組織に、あえて入会しないでも、生まれながら、入会しているのです。
もちろん、
アルカイダも、アメリカも・・・、怠けものも、頑張り屋も、
人間だけでなく、微生物も、酸素も、・・・おなじ自然組織の一会員です。

2) 混乱で困らないと、頭の混同がほどけない

現在まで、人間を基準とする、人類の活動が一般的です。
そのため、自然を基準とした活動が、どういうことか、なかなか分かりづらく、
人間を基準としながら、あたかも、自然を基準としているかのような、混乱、混同が多くみられます。

それも、必要なことで起きているのでしょうが、
そろそろ、その違いをはっきりしないと、

人間も、自然の基準の手の平の上で、踊っているだけでしょうから、
その活動が、人間を基準のままでは、
”人間が非常に有能”なだけに、
人間の存在基盤である、地球の自然破壊だけでなく、人体破壊(肉体と精神)が進行し、
人間の存在が、自然から拒否されるのが、自然のなりゆき(働き)になるでしょう。

そのときが(いまそうですが)、人間基準と、自然基準の、大いなる違いに気づくチャンスです。

3) 頑張りと異常バランスの繰り返し

病気(肉体・精神)や、社会(経済・政治)の混乱、生活の不安、文化の迷走なども、人間基準の解説、改善は、あまたとありますが、頑張っても、頑張っても、一向に解決しない。

ますます、複雑、暗欝、矛盾の異常な道から抜け出られなくなっています。

だから、異常の一時的な解消のために、
派手なショー(政治、経済)や勝負(スポーツ、かけ)、戦争(画像・言葉・文字)で支えています。
それを「異常バランス」といいます。
それも、人間基準をやっていく限りは、必要なことです。

だがしかし、それは、自然基準からみれば、みな逆の処方で、解決を遠ざけるだけです。
結果を求めて、原因を知らないのですから、逆さになっています。 

人間社会では、頑張るのが、自己の常であり、奨励されていますが、
自然基準に逆らっているから、頑張らなければならないともいえます。

「自然農法」という名ではやりの農法も、頑張るのであれば、自然に逆らう、人間農法だからでしょう。

4) 自然基準の活動

自然が基準の活動を、人間がやっていく。
それは、自己の考えに固まっている方には、困難なことです。

しかし、もともと、自然の基準、働きは、単純、明快、矛盾なし。
それが、あたりまえ。自然なことです。

その実践練習の一つとして、「炭素循環農法」をやっています。

そこでは、「人間」の考えは、問いであって、
考えややっていることが、自然の基準にあっているかどうか、
「自然」が答えを出してくれます。

そういう考えで、実践し、自然から「答え」をもらいたい方は、だれでも、その仲間です。
勝手に、仲間になれますし、勝手に、仲間から抜け出られます。
「拡販」も、「宣伝」も、必要がありません。
まったく、人間同士、縛るものはありません。
ただ、なにものも、自然の働き、基準からは、のがれられません。

5) 「自然が先生」の学び舎

さしあたり、仲間になってみたいかたは、畑で実践してみます。
その参考に、HPが用意されています。
でも、一番参考になるのは、答えを出してくれる「自然」の答えです。
人間が先生ではなく、「自然が先生」の学び舎です。

ここでいう自然は、人間基準の自然ではなく、本来の自然、すなわち天然のことです。

やってみて、いろいろわからないことができたら、
まず、「炭素循環農法」のHPを再度読んでいます。
できれば、他の仲間の畑を探し、そこの、自然(天然)の答えをみせてもらって、学んでいます。

「自然(天然)」は、大いなる答えを用意して、
みんなが、共存共栄しながら、進んでいく、はっこう社会づくりを、
待ってくれているようです。
人間のすばらしい頭が、それに気づいて、活用されることを。

本来の自然(天然)は、単純、明快、矛盾なし。

もともと、「人体」・「地球」・「宇宙」は、そうなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長くなりました。
疑問、提案に合わないことを書いたかもしれませんが、ご容赦を。
ご参考になさってくだされば、幸いです。

もし、また、なにかありましたら、ご連絡くださいませ。

たんじゅん(5s) 
tanjun5s@gmail.com
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。