スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チップ研究会のお知らせ

2月13日 (日) チップ研究会は、2月2日現在33名がの参加申し込みがあり、申し込みを締め切りました。

午前中は中村隆一さんの圃場見学 午後は21世紀の農学校でチップ研究会 
両方に参加したい方は、お手数ですが、午前と午後と、申し込み先が違うので、それぞれにお申し込みください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午前の部 中村隆一さんの圃場見学

場所 神奈川県二宮町 中村隆一さんの畑
 たんじゅん農法で、数年目。本格的は昨年から。露地野菜。主に、剪定チップだけを使っている。

9:30    JR 二宮駅南集合
10:00~11:00 中村さんの畑での交流会
11:30~12:30 昼食
昼食は決定ではないが、小田原邪宗門で食事飲み物付き1200円の予定。

* 午前の部の問合せと申し込み
 車か、電車か。昼食の要・不要をお知らせください
ponkichi-farm@nakamura.email.ne.jp  中村隆一

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
午後の部  21世紀の農学校

集合場所 神奈川県小田原市久野849-10
   「NPO法人 21世紀の農学校」
  13時までには、必ず集まってください。すぐに、そこから少し離れた圃場に移動します。
  遅れる方は、連絡ください。(電話 090-5105-6829)
*地図
   http://www.fujiwaraoffice.co.jp/company/map/
  (※ 事務所は、シンクタンク藤原事務所内)21世紀農の学校

13:00~14:00 21世紀の農学校の圃場へ移動し見学
  チップを主に使った圃場の実践を参観
15:00~   久野公民会で研究会
  チップを使ったたんじゅん農法の実績と問題点について、意見交換
 まず、稲垣正貴、山本太一朗、城雄二の3名に各20分発表してもらう。
 その後、畑の見学及び発表を含めて質疑応答、フリートーク。
 司会進行は山本さん。
17時か18時 終了

なお、午後の公民館は暖房が効かない可能性があるので、なるべく厚着でお願いします。

*場所の問合せ 大谷 賢司 メール info@21agri.org、電話 0465-32-1791

*午後の会の参加申し込み 
  申し込み先 ネット世話人(たんじゅん)
  メール tanjun5s@gmail.com   ファックス 0537-28-1955

*午後の会場へのアクセス
 (車)小田原駅駅より車で10分。小田原厚木道路荻窪インターより10分
 (バス)小田原駅西口より「兎が原循環」または「久野車庫前」行きに乗り「久野車庫前」で下車、徒歩3分

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。