スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能汚染についての対応法

[mixi] 健全な玄米食のすすめ (おおつき けいじ)より転載 (2011.3.20)

宮城県角田市に住んでいます。

こんどの地震の時には、ハウスでネギとかぼちゃの種を直播していました。
土に入れておくと時期が来れば芽が出てきます。

被災地ですので、やっとインターネット環境が回復して、周りの状況が分ってきました。


お伝えしたいことは、対応についてです。


かつて、原爆投下のときに、”塩(しお=当時は塩田)”を摂り、原爆症から逃れた方たちがいます。
放射能汚染には、「玄米食」と「塩(天然塩)」がキーワードと捉えています。

これを畑(圃場)=微生物に応用すれば済むことではないでしょうか?


動物だろうが植物だろうが先祖は一緒だと考えています。
先祖を守れば、子孫は勝手に生かされると考えています。

(当農園では、以前から”塩”を使い対応に”なっている”ので心配無用と考えています)


馬鹿と鋏とEMは・・・・のごとく、使い方一つで役に立つのもあります。


事態は緊急を要するので、ここで紹介してしまいますが、
自分のHP(http://3rd.geocities.jp/snk00141/ )でとりあげて使っている、
塩類とクエン酸の配合した資材(特許商品)があります。

自分はこれを田畑に8年使っていますが、
障害(塩害)等は出ていないので、それは報告しておきます。

1月末に田舎もんさんが角田に来て2泊したときに紹介し、
畑の一部で試して、生育度合いを比較する予定でいました。
(本来ミネラル補給・乳酸発酵の目的で試す予定でしたが、急に別の展開になっています。)


もし、今回の放射能での対応にお困りの方がおれば、一部試していただければと思います。

一袋が20Kgで2394円、運賃着払いで、おおよそ、3000円位になります。

使用量は反当10Kgで済みそうです。
自分では、昨年に反当20Kgを試してみましたが、障害(塩害)は出ていないようです。

自分でも注文は受けられますが、
直接メーカーに注文する場合も「たんじゅん農法」で対応していただけるように
手配しておきます。

参照 おおつき けんじのhp; http://3rd.geocities.jp/snk00141/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月20日

ゆぅ この前のせたのの繋がりで
火山灰及び火山に関する考察
http://www4.ocn.ne.jp/~mukzke98/kazanbainokosatu.html

(6)放射能汚染も除去

日本全土に広がる火山灰土壌に沿岸部の塩害がたかだか人間の計算だけではわからない奇跡を起こす可能性一個人ではありますが信じて風評に惑わされず、

諦めずに種まきされる皆様の努力がきっと実を結ばれる事信じて応援していますね
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。