スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もどきさんの 全国 たんじゅん農法 実践者交流会

もどきの実践者訪問 2011  (ホームページ「炭素循環農法」より転載)

 例年同様、日本各地の実践者の皆さんを訪問したいと思います。秋の多忙期に、なるべく重ならないよう北の方から廻ります。

 8月11日 成田着。
  中旬 長野県 近隣。
  下旬 北陸、東北、北海道方面。
 9月
  初旬 関東、東海、関西方面。
  中旬 中国、四国、九州方面。
  下旬 JRの無い地域。
 10月 JRの無い地域、長野県 近隣。
 11月10日 成田発。

30日~45日間、原則として「JRレールパス」で歩ける範囲ですが、呼んで頂ければ、それ以外の地域(沖縄、離島など)でも、可能な限り行きます。講演もOK。ただ、一つだけ条件があります。本人プラスα。αは家族でも、何人でも構いません。
各地域、2~3個所を予定しています。複数の希望者があり、近隣の場合はどちらか一方に集まってもらう場合もあります(実践者同士の交流を兼ね)。
何れの地域の場合でも費用(講演、旅費、宿、食事代など)は必要有りません(会場費などは主催者で)。ただ、最寄りの駅、空港、港、宿などからの足をお願いします。

主催者の都合や参加人数によりますが交流会は一応、8時~16時まで、昼食、休憩なし(参加者は弁当持参)。午前:畑で主に実践面(捉え方など)を、午後:会場で理論面や質疑応答とします。
尚、長野では殆ど実家にいます。例年同様、遠慮なく遊びに来て下さい。

希望者は、先ずはこちらに!
たんじゅん農法 ネット世話人(田舎モン) アドレス tanjun5s@gmail.com
または、 本人(もどき) アドレス modoki@stkm.net

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。