スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑に風穴試験機 始動

今、やっている畑は、お茶畑のあと。スコップでも掘れないぐらい硬い土。
このあたりは、粘土層で、お茶ぐらいしか育たないと、野菜に向かないところという。
そのえう、お茶は、チッソ肥料をかけまくる。

その跡地を、借りて、5年、確かに感心するほどものができない。
2年半前に、たんじゅん農に出会い、すぐにやりはじめた。

すると、1年後の、昨年夏には、70cmまで、団粒化。野菜が育ち始めた。虫も減る。
スバラシーー、微生物の力と感心した。
が、その後、1年たっても、今年は、70cmのまま。虫も、昨年よりはかえって多い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

団粒化が進まない、団粒化を促進したい、地中の汚れを早く浄化する方法はないか、
という願いは、かなりのたんじゅん農をやっている方の願いだろう。
それを、自然の側から観てみると、畑に風穴を開ければ、いいのではないかと、
先日、林幸美さんと、中村隆一さん、西川重彦さんたちとの話でなった。

そこで、穴掘り機をネットで(それは得意の「堀」さんが)探して、注文した。
エンジン穴掘り機。一番安いので、送料込みで2万4千円 ハイガー産業
49ccのエンジン。ドリルは、15cmの径。長さは、80cm。重さ、14.5kg
継ぎ足し棒をとりつけると、130cmの深さまで、可能。
どこ製か、不明。日本でないことは確か。
送ってきたのは、翌日。でも、ドリルと本体をつなぐ、穴。メスとオスが合わない。
やっぱり、外国製は大雑把だよとは、堀さんの弁。開いた口がふさがらない。
送り返す。

となんだかんだあった後、ようやく、試運転。
エンジンの引きが硬くて、はじめは、始動しにくい。その後は、順調。
動かしてみて、重い。70歳を超えるとこたえる。二人でやれば、よいかも。
ドリルの径は、15cm。確かに、大きな穴が開く。
が、もしかすると、10cmのほうがいいかも。

あまり大きな穴だと、畑の邪魔になる。畝立てにも邪魔。
10cmの穴を、点々とあけるほうがいいかも、
そのほうが、掘るのもかなり楽なのでは。
ただ、本体には、15cmがついていて、10cmは、別に注文をした。(5000円ぐらい)

写真は、たんじゅん農法の広場のリンク;「田舎モンの写真」にあります。

ご覧のとおり、硬い粘土質。
それが、たんじゅん農法のお陰で、50cmぐらいまでは、15cmの穴が、一人力で、穴掘りできる。

ところが、そこで、ドリルの歯は、ただ回るばかり、進まなくなり、1~3分。
レパーを一杯に引いても、進まず、硬い。そこは、石の層があるようだ。
エンジンはうなるだけ、排気ガスはもろに、顔に、体に、服にかかり続ける。
穴掘りは楽しいが、この排気ガスをかぶる覚悟を。使う時はヤッケでも着てから。

しばらく、がんばっていると、何とか、石の層を通過。
その厚み5~10cm。そこを過ぎると、またやわらかくなる。

その先は、まだ、わからない。
延長棒がまだ、送られてこないので、いまのところ、70cmぐらいまでしか、掘れない。

たんじゅん棒で調べると、団粒化は、昨年から70cmのところで止まって、1年。そこには、長年の茶畑の腐敗層が溜まっているのではと予想している。
その層をつきやぶって、そこに風穴を開け、微生物群を増やせれば。

その後の変化は、追ってご報告。
といっても、変化があるか、ないか、2,3ヶ月経過をみてから。

自然が先生。

ありがとうございます。

                                 田舎モン (11.11.11)
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。