スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノシシと腐敗

イノシシが!      中村 隆一 (11.12.4)

たんじゅん神奈川のブログより引用
Ryuuichi Nakamura ponkichi-farm@nakamura.email.ne.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時々、イノシシが畑に現れているようなのですが、昨日の勉強会に引き続き私の
畑を見学にいらした北村さんとビール造りの会のメンバーの方々とに畑の説明を
していたところ、ジャガイモ畑の一角が荒らされているのを見つけました。

近づいてみると一株だけが一部掘り返され、そこにジャガイモが転がっており、
かじった後はあるのですが、イノシシは食べることもなく放置していました。

他の株は全くやられることも無く、無事でした。

そこは一番うまく畑が転換できている場所です。

普通であれば、全て食い荒らされていてもおかしくない状況だったと思います。

あるいは食わずともミミズを求めて畑中掘り返されてもおかしくなかったのでは
と思います。

まだ水はけが悪くあまりうまく転換できていない畑では、夏にサツマイモをほと
んどやられていました。

たんじゅん農法がうまくいっている畑は害獣に強いのだと改めて実感しました。

試しに掘り返しても、畑に腐敗が少ない状況、野菜に腐敗物質が無い状態では、
それ以上イノシシの側から見ても無駄には掘り返さない食べないのではと感じま
した。

中村隆一(神奈川・二ノ宮)
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。