スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月26日出雲 交流会と講座

城 雄二さん をお招きして              
    ~無肥料・無農薬で野菜を育てる~    
たんじゅん農法(炭素循環農法)の交流会&講座

    日時:6月26日(水)午前9時~午後4時  (雨天決行)
           (*午前中のみ或いは午後のみの参加もOKですが、一日通しての参加でより理解を深めることができると思います。)
        集合場所: 出雲市大社町みせん広場駐車場: 9時集合
集金の後、車を乗り合わせて畑に移動
内容:【午前】  たんじゅん農法実践農園での説明、質疑応答 
          :【12:30頃より 荒木のコミセンにて】        
 講 師: 城 雄二さんのたんじゅん農法講座
           持ち物:  各自、飲み物とお弁当 、雨具等 ・・・・・        
参加費: 1000円(講師謝礼 午前或いは午後のみの方;500円)

ここ出雲地方は、梅雨のずる休みに悩まされてきましたが、やっと待望の雨で心も癒されますね。皆さんの畑の夏野菜の生育状況はいかがでしょうか。 今年4月には、出雲に住むこの農法に関心のある者有志で サークル「たんじゅん農法inいずも」 をたちあげ、交流を深めていくことを話し合いました。
今回、全国でたんじゅん農法の先駆的な活動を展開しておられる、城雄二さんをお招きして、実践交流会を企画しました。 またとない機会ですので、皆さんの周りの方に一人でも多く参加を呼び掛けていただくと喜びます。  
世話人:山崎令子 090-2297-4793 申込先:メール yamasakire@docomo.ne.jp  
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。