スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月26,27日一泊交流・研究会 in富山

炭素循環農法(たんじゅん)農法実践者一泊交流・研究会 in富山


講師  城雄二さん

世話人 湧々農場 農場長 吉田稔

(tel:090-8968-6357)

●日時  

10月26日(土) 14:00~ 10月27日(日) ~12:00


●会場 及び 宿泊施設

・湧々農場 富山県南砺市立野原西

・福光温泉 富山県南砺市網掛地内


●集合場所

・湧々農場

・桜ヵ池クアガーデン駐車場(13時30分集合)

 (東海道北陸自動車道・福光I.Cより8分)

●会費

おひとりさま 15,000円(講習料、宿泊費込、夕朝食付)

       26日研修のみ 3,000円(農場研究・農場交流会のみ)

●内容   ・炭循2年目の畑見学

      ・炭循農法の基礎と自然学

      ・今後の日本の農業の方向と対策

      ・体験談、交流会

●スケジュール

 10月26日 14:00~17:00 湧々農場現地視察

      17:00~17:30 宿泊先へ移動

      17:30~18:30 休憩・入浴

      18:30~19:00 夕食

      19:00~21:00 講習・・・城さん

 10月27日 07:00~08:00 朝食

      08:00~10:00 体験発表

      10:00~11:50 全体ディスカッション

      12:00     閉会   

●その他      農産物の研究会を行います。

各自自慢の農産物を持参の上ご参加ください。

●〆切       10月 20日

●連絡先

湧々農場スタッフメール :staff@wakuwaku-nojo.com

湧々農場スタッフ℡(麻生):080-6358-1669   
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。