スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単 紹介

「炭素循環農法」とは何?
    学研『野菜だより』 2010年新春号 47Pより

手のひらの上で
だれしも、安全で、おいしくて、健康になる、野菜を食べたい、育てたい。

 だがしかし、
 自然と離れて、野菜はない。
 人間の前に、自然があり、
 人間の中に、自然がある。

 自然の力で、野菜が育つ。
 人間は、自然法則の手のひらの上で踊っている。踊っているのも、自然の力。
 自然も、人体も、自然の法則に沿って動いている。
 自然の法則に逆らって動くのは、人間の頭の中だけ。
 野菜が虫に食われるのも、自然の法則に従っている。
 それを、人間の側から考え、悪戦苦闘している。近代農業も近代医学も、もがいている。
 だが、その難問も、自然の側から観れば、そうなるように、人間がしているだけ。明快、矛盾なく、解明される。
 自然の法則から外れているから、複雑、頑張り、矛盾になっている。

発酵型と腐敗型
 自然の仕組みは、命の大元の力で動いている。
 命は、共に、発酵しながら、
 命を組み立てていく。発酵は生の過程だ。免疫力を培う。
 自然界のピラミッドの頂点にある人間は、多くの命の発酵によって、生かされてある。
 命の力の弱ったものは、自然のピラミッドの底辺、無機物まで、虫や微生物によって降りていく。腐敗は死の過程。
 それが自然の法則。
 虫がつく野菜は、腐敗している。食(人に良いと描く)べ物ではない。その土は腐敗し、ミミズがわいている。
 発酵型の畑では、野菜に虫がつかない。元気。おいしい。たくさんとれる。
 野菜嫌いの子どもが、アレルギーの人も、発酵型の野菜を食べて、おいしいという。
 腐敗型の食べ物を食べ続けると、体が腐敗型になり、現代病の一原因となる。
 虫や子どもが、どれが「食」べ物か、教えてくれている。
 自然の法則に沿えば、作物は、人に良い食べ物になり、虫もつかず、おいしく、しかも、たくさんよくできる。世界中の人たちが食べていける量が生き生きと育つ。
 それが、ほんとの自然な姿で、貧弱なものに我慢するのは、自然でなく、反自然。

高炭素資材と糸状菌
堆肥・肥料が腐敗型の土を作り、土を硬くする。
 肥料を使わず、発酵型にすると、土はホカホカになる。
 畑が腐敗型になるか、発酵型になるかは、畑に入れるものの、炭素CとチッソNの割合が影響する。
 化学肥料や堆肥、ぬかは、炭素に対してチッソの比が大きい。すると腐敗型になる。
 炭素がチッソに対して多いもの(高炭素資材)を、畑に与えると、発酵型に変わる。
 高炭素資材は、木のチップ、木の葉、半乾きの草・野菜・・・。
 それで、野菜が育つ。しかも、おいしく、虫がつかない。
 ポイントは、腐らせない、5cm以上深く混ぜ込まない。
 ただ、それらを畑に撒くだけでは発酵は遅い。養分にする多様な微生物が必要だ。
 特に、糸状菌は、発酵の決め手になる。キノコ菌や山で見る白いハンペンがそれだ。
 高炭素資材と糸状菌、その二つを与えれば、発酵型の野菜が生き生きと育つ土になる。
 虫がつかない、草が変わり、草が減り、やさしい草が生える。どんどん野菜ができる。
 この自然の側からの原理に基づく農法を、仮に「炭素循環農法」と呼ぶ。

 くわしくは、
 「炭素循環農法」http://page.freett.com/tenuki/
 「たんじゅん実践交流」http://tanjunnou.blog65.fc2.com/
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。