スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自戒

『炭素循環農法』ホームページ、自然農法症候群より抜粋

勉強会等で、世話役、まとめ役、説明者(伝達役)はいても講師(指導者)はいません。師は自然そのもの。どのような内容であっても、講師がいる集まりは炭素循環農法とは相容れません。ウェブ上のコンテンツの場合も同様、指導者の言葉の羅列は有害無益。主催者や管理者の理解不足の証です。

自然農法症候群

・・・不自然は自然の仕組み
・・・こうなってからものを言え。それまでは病人のうわ言。


自然のままでは・・・
 見かけを似せても、自然の理(“いのち”を生かす)に沿うわけではありません。自然状態では「生と死」のバランスが、少しだけ「生」がプラスになるよう仕組まれています。このバランスを変えるのが「場(環境)」。これは自然が自ら変えようが、人が変えようが何の違いもありません。
人が自然の理に沿わせれば不自然。でも、自然のままでは反自然(生かし方が不十分)。一見、矛盾するように見えますが、それが「いきもの」が自然の中で生きるということ。人であると同時にヒト、変えることは自然なのです。不自然は自然の仕組みの一つに過ぎません。

現在の地球環境は「いきもの」が作り替えてきた結果です。生きるとは、自分の都合の良いように「場」を変えること。どのように変えるかは、それぞれの「いきもの」の自由。ヒトも例外ではありません。
自然の摂理に従うということは、ただ単に、あるがままの自然を受け入れることではないのです。「場」を良くするのも悪くするのも、自由。生きるも死ぬも、生かすも殺すも勝手です。但し結果は、あくまでも自己責任。

自然農法とは、自然を人の、そしてヒトの都合の良いように、変えること以外の何ものでもありません。自然のままが良いのなら、中途半端な猿真似などでなく、いっそのことサルをやれば良いでしょう(やった人もいますが^^;)。
できもしないことを、何時までも夢みていても時間の無駄。サルにもなれないし、全人類を生かすこともできません。我々にあと、どれ程の時間が・・・。  
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。