スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80cmの溝に入れるもの

質問
「60~80㎝溝掘りしたところへ炭素資材を入れると…」のくだり
ぜひとも適用したいと思いました。
畝間を掘り上げて、そこに炭素資材を入れられるだけ入れて上から掘った土の一部を掛け戻し、余った土は畝に載せて行けば良いのですか?
60~80㎝の溝を炭素資材で埋める際に、太すぎない丸太などを放り込んでも構わないのですか

一案
大事なことですが、通路に溝を掘って、そこに炭素資材を入れていく際、側壁の土や掘り上げた土が 、出来るだけ落ちて来ないようにします。
それが落ちて、炭素資材を土が覆うことを避けたい。それは、溝に空気が入ることを堰止めてしまうからです。
そのためには、掘り上げた土は畝に上げ、それと同じかそれよりも高く、炭素資材を入れます。
炭素資材はしっかり踏み込み、後々減ってきたら、順次また、資材を足していきます。

溝の底のほうは、たとえ水が一時的に溜まっても、腐らないモノを入れています。丸太とか、竹とか。中間は、細めの剪定枝とか竹、といった、空気も十分に入り、以下も、微生物のエサになりやすいモノ。上部は、落ち葉とか、笹の枝とか、もっとエサになりやすいモノを入れています。
 竹の太いのは、下に、はらった笹は、中ほどから、上に踏み込みながら、入れています。

とにかく、水はけがよく、空気を下まで入れ、微生物たちが喜んでくれるように、しかも、近所で不要と見捨てられているモノを、拾ってきて、役立てさせていただく。その心で・・・。

いろいろ、おためしを
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。