スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マメ科が生えたなら

質問。
 カラスのえんどうが、ミカン畑の周りに生えます。
 チッソを固定するので、除いた方がいいのでしょうか。

モドキさんの解説
カラスのえんどうは、比較的痩せた土地を好みます(極端な痩せ地には少ない)。
刈り倒し、乾いた頃(春先には必須)、チップなどの炭素源を追加し軽く混ぜるか、1回だけエンバクなどの麦類を撒き窒素を吸わせた後、混ぜれば消えるでしょう。
果樹でも10cm以内なら掻き混ぜても構いません(耕土が薄い慣行農法からなら5cm)。
出来れば両方やってからチップを厚く敷き詰めれば、転換初期の一時的な養分不足を緩和でき、無施肥への移行が容易になると思います。

やってみて、確かめてみましょう。
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。