スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4光で進む たんじゅん 

たんじゅん農法というものがあるわけではない。
<命を育み、活かす、その宇宙の法則に委ねる>農のことを、名付けて、言ったもの。
<それ>に沿えば、何でもあり。
だからこそ、地球は、淡々と、豊かに進化してきたし、
わがままな人間も、なんとか、地球暮らしをさせてもらってきたし、
これからも、その限りにおいて、可能である。

だから、農に限らず、医、食、住、社会、あらゆる人間の営みは、それしかない。
<それ>を、命を育み、活かす、宇宙の法則に委ねることを、
仮に、<たんじゅん>と、呼ぶなら、
これからも、末永く、人間だけでなく、みなが、楽しく、豊かに暮らそうとするなら、
<それ>に委ねるしか、ほかに、道はない。
実に、単純、明快、矛盾のない答えではなかろうか。
それを提案した方には、ノーベル賞を、100個贈っても、まだ、足らない。

だが、しかし、
<それ>の中身は、人間の世では、まだ、ほとんど、知られていない。
<それ>の中身=命を育み、活かす、宇宙の法則

<それ>を、知らせる、実践が
緑、黄、赤、青の、4色の光の人たちによって、すすんでいる。
緑;<それ>の理、黄;<それ>の実践、赤;<それ>の楽しさ、青;<それ>の豊かさ
ぐるぐる、ぐるぐる、螺旋を描いて、進んでいる。

農だけでなく、様々な世界に、広がっていくのだろうか。

有り難いが、御座る。

井中 門             春風の南の島から島へ  16.2.23(満月)
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。