スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてを含む全体がたんじゅん農

先日、宜野座の仲原まことさんのパパイヤハウスを見学したいという方達(6名)を案内しました。
まことさんは(はじめは少ししぶっていましたが笑)ちゃんと当日立ち会って、
初心者のみなさんを前にたんじゅん農の説明をしてくれました。

その中で印象的だったのは、「どうして(まことさんは)こんなすごい農法のことを、
自分だけのひみつにしないで、みんなに教えてくれるのか?」との質問に、
段ボールとマジックを持って来て、

(これは記録はしないでくれと言って)、
「昔から人々は自然農法で作物を育てて来た。
ある時代にモンサントや肥料会社、農薬会社、銀行家などが出て来て、
それらを使った農業に変えてしまった。
でもそこから、透明ビニールを使ったりして、
またもとの自然農法の歩みに戻す動きもでてきている。
たんじゅん農法っていうのは、(モンサントも含めた)この絵の全体なんです。
みんながたんじゅん農を試す事で、これまで気づかなかった新たな発見も出てくる。
だから広めなくちゃいけない。」

たんじゅん農は全体だと言ってくれたことが、よかったです。


にれけいこ

念のため、仲原さんのやり方は、
仲原さんのハウスパパイヤは、3年目。病気のパパイヤ園を引き受けて、はじめ6か月は、徹底的に水を切った。パパイヤが枯れかけて、もうダメかなというときに、新しい芽が出て、復活してきた。枯れた枝は、土をかけて、土に戻した。病気もなく、無施肥で、農薬の世話にならずに、ぐんぐん、元気に育っている。一方、パパイヤ栽培歴20年というある大規模農家は、熱心に、たんじゅんの真似をしながら、いまだ、過去に縛られて、堆肥と水を絞り切れず、成果が出せないで、苦労されている。
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

たんじゅん 

Author:たんじゅん 
「虫がつく野菜は、人間の食べ物ではない、虫のエサ。人間の食べ物は虫がつかない野菜。虫も野菜も人も、すべてが生き生きとしている。もちろん、お百姓も未来の大人も・・・」。
それが、自然・天然の仕組みと聞いて、びっくり、納得。
人間の側からではない、天然の側からのたんじゅんな農法は、もしかすると、戦争のない平和で豊かな世界の一つの実験、実顕ではなかろうかと、その実践報告を集めている。
連絡先メールアドレス tanjun5s@gmail.com

メールフォーム
各地の新しい実践情報など、今の状況、成功、失敗例、問題など、お寄せくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。